愉快な仲間たちと愉快でない外野たち

今日は暗くウジウジしたことを書いていく。小1か小2くらいの時に登校班の人たちに仲間はずれにされていた。彼等の間では俺から逃げるというハンドサインが考案され俺に出くわすと仲間内でそのハンドサインを見せあい逃げていった。こういう幼稚な嫌がらせは歳をとるにつれなくなっていったが、俺がいわゆる愉快な仲間たちでいることは珍しく基本的に愉快でない外野だった。たまに愉快な仲間たちにまれびととして一瞬向かい入れられ自分も愉快な仲間たち入りか?と思ってしまうことがあったがそれは勘違いで愉快でない外野が愉快な外野になっただけだった。