purpledの日記

なんとか生き延びような

これから人前ではあまり自分が辛いという話をしないようにしよう I am made of Love

俺は些細なことで辛い気持ちでいっぱいになりやすいという弱点があり、そういうときは人にそのことを話したりするんだが、そのことで人を傷つけたりすることに気がついてもうそういうことは一切話さないようにしたいと思う。

留年しまくって放学一歩手前みたいな友人とかに、将来が不安だとかいう話をしても、そいつからしたら、「いや、お前2留したとはいえ大企業に一応就職しとるやん!」と突っ込みたくなるだろう。一応この友人は世間の常識などどうでもいいと心のそこから思ってそうな節があり、世俗の欲にまみれた俺の小さな悩みなど本当にどうでもいいことだと感じるだろうと予想して話している。しかし、位の高いお坊さんですら、修行中は世俗的なことを考えたりするわけで、いわんやこの世間に背を向けたアラサーの風来坊もなんやかんや言って将来の不安はあるに違いない。そんな中で(一応)レールにギリギリ乗って安定してそうな人間の安全圏から浅そうな「つらいわ~」を聞いたらウザく感じずにはいられないだろう。

俺は周りの人を苛つかせたり、傷つけたりしたくない。なんやかんや言って俺の周りにいてくれる人は俺のことが割と好きだと思う。そういう人たちを楽しませたり、そういう人たちの憩いになりたい。俺がずっとそうしてもらったみたいに。

最近は毎日この曲(Stronger than you)を聞いてる。これはSteven Universeというカートゥーン ネットワークのアニメのラスボス戦のときの音楽。また、under taleというゲームの有名な二次創作で替え歌が使われており、非常に有名(主観)である。

主人公ガーネットの強い自信が歌詞に現れている。自分は愛でできている。一人で戦う敵よりも自分たちはずっと強い。その強い確信が好きで何度も聞いている。

そうだ。俺も愛でできているんだ。I am made of Love and Stronger than you.

www.youtube.com