ドラッグ中毒者が深層意識に潜り込んでいく精神系漫画【ウルトラヘブン】

最近よんで面白かった漫画を紹介。
年末年始はよく漫画を読むんだけど、久しぶりに「これは面白い!」と思える漫画に出会えた。タイトルは「ウルトラヘブン」。幻覚を見せるドラッグと相性がいい主人公が、究極の幻覚剤を投与され現実よりリアルな幻を体験するという話だ。
 
この漫画は絵が本当にすごい。幻覚のシーンがすごくそれっぽくて、自分が幻覚を見ているみたいだった。

画像はウルトラヘブン1巻から引用
 
ストーリーもかなり面白い。薬物中毒者の主人公が怪しげなおじさんからもらったドラッグでとんでもなくトリップしたことをきっかけに自分の深層意識に深く潜り込んでいく過程でトラウマと対面していくところが良かった。
「今見ている現実が実は幻覚だった!」というような展開が何度かあり、今見ている場面が一体現実が幻覚か分からないほど重層的な意識世界が描かれている。
 
ちょうどセールでkindleで300円くらいで売ってて助かった。この内容で300円はありがたい。まだ完結してなくて3巻までしかでてないけど、それまでの内容でもかなり面白かったのでぜひ買ってみてください