• フランス現代思想の入門書をいくつか読んだ。二項対立の脱構築とかは高校の倫理で言葉だけ知ってたけど、歴史の中で前提とされてきた二項対立は何だったのか?それを脱構築する理論はどういうものなのか書かれた文章を読めて良かった。
  • こういう文章を読んだときに「この哲学は自分の日常に当てはめるとどのように役に立つのか?」ということを考えてしまった。「してしまった。」と書いたのは僕はなんでもそういう自己啓発的な文脈に回収する自分に少し幻滅しているからだ。
  • なんでも役に立つか役に立たない分けて考えるような人間にはなりたくないが、そういった面が自分にはある。
  • 何が役に立って役に立たないかなんてそう簡単に切り分けられるものではない。それこそ二項対立だな。
  • マッチングアプリを始めた。何人かとマッチして会う約束をした。
  • プロフィールについてアドバイスをもらおうといろいろな人に見てもらっているが結構みんなバラバラな意見だ。
  • 大きな傾向として、写真が微妙というのは共通している。プロフィールの文章については個性を出していく方向と人受けのいいことを書く方向があって、基本的には後者を優先したほうがいいけどそれだとあまりにもつまらなさ過ぎるので少しだけ個性を出したほうが良いみたいだ。自分で書いたプロフィールは個性のほうに振り切っていたので友人からの指摘を受けた
  • うーーーん
  • だるいなあ
  • みんながダルがることを一生懸命やるとだいたいいいことがある、それは分かってんだけど、だからと言って一生懸命やるとダルさを感じなくなくなるわけではない
  • 口()を動かさずに手を動かすか......

 

  • 新年になったらあれしようこれしようと考えていたが、いざ新年になってみると何もできないな。
  • 最近は生産的なことが何もできなくてひたすらLeague of Ledgendsというゲームをやっている。このゲームはRPGを30分に凝縮して対人戦にしたみたいな内容で、敵を倒して経験値とお金を稼いでもっと強くなって敵の陣地のタワーを壊したら勝ちというルールだ。5対5でいろんなキャラクターを操作して敵と戦うので他の人との協力が大切なのだが、それ以前に敵が強すぎて全く勝てない。負けすぎて最近は若干萎えている。
  • かば田の明太子などごはんのお供をたくさん買っておにぎりを作るのにハマっている。握っただけなのになぜか普通に食べるよりもずっとおいしい気がする。
  • 転職の面談(転職するつもりはなかったがlinkedInに来たメッセージに返信したら面談することになってしまった)でいろいろ話していたら、自分は仕事のこと何も話せないし自分の会社のこと何も知らないんだなと分かった。
  • いつごろからか怒られたり、ちょっと真面目な話をされると遠近感が消えて世界の輪郭がふにゃふにゃになってしまう。転職面談でもこれが起きてびっくりした。
  • だるい、きっと寝不足のせいだ。

 

ドラッグ中毒者が深層意識に潜り込んでいく精神系漫画【ウルトラヘブン】

最近よんで面白かった漫画を紹介。
年末年始はよく漫画を読むんだけど、久しぶりに「これは面白い!」と思える漫画に出会えた。タイトルは「ウルトラヘブン」。幻覚を見せるドラッグと相性がいい主人公が、究極の幻覚剤を投与され現実よりリアルな幻を体験するという話だ。
 
この漫画は絵が本当にすごい。幻覚のシーンがすごくそれっぽくて、自分が幻覚を見ているみたいだった。

画像はウルトラヘブン1巻から引用
 
ストーリーもかなり面白い。薬物中毒者の主人公が怪しげなおじさんからもらったドラッグでとんでもなくトリップしたことをきっかけに自分の深層意識に深く潜り込んでいく過程でトラウマと対面していくところが良かった。
「今見ている現実が実は幻覚だった!」というような展開が何度かあり、今見ている場面が一体現実が幻覚か分からないほど重層的な意識世界が描かれている。
 
ちょうどセールでkindleで300円くらいで売ってて助かった。この内容で300円はありがたい。まだ完結してなくて3巻までしかでてないけど、それまでの内容でもかなり面白かったのでぜひ買ってみてください

450の日記のプライバシーポリシー

この記事は当ブログにおける個人情報や取り扱いや免責事項などをまとめたものです。

広告の配信について

また、『450の日記』は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。

著作権

当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。

記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

免責事項

当サイトの記事は450の主観により体験談などを書いています。商品の購入やご利用の最終的判断は読者様の責任でお願い致します。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

運営者:450

初出掲載:2023年1月4日

鹿児島旅行 知覧特攻平和会館に行ってきた

京都で浪人していたとき、予備校の名物英語教師の講義ですごく記憶に残っている話がある。それは、鹿児島にある知覧特攻平和会館に「人間は正しいと思ったことはどんなことでもやってしまう」という言葉がある、というものだ。

前後の文脈もなくほんとにこれだけポロっと言った、ただそれだけの話なんだか、やけに印象に残っていて鹿児島に行く機会があったら知覧特攻平和会館に行ってみようと常々思っていた。

あの頃から8年ほどたったが、未だに行っていなかったので年末で暇だったので行くことにした。


f:id:purpled:20221229173042j:image

 

これが知覧特攻平和会館の入り口だ。

館内は撮影禁止だったのでこれしか写真がない。大きさは広めの公民館くらいだった。

中に入ると特攻隊が実際に使った飛行機や、残した遺書など、様々な資料が展示されていた。

特攻隊の遺書は歴史の教科書で見たのと同じように残される家族に宛てたものや、勇ましい文言のものが多かった。

特攻隊の日常の写真を見ると案外笑顔で仲間たちと過ごしてたり犬と遊んでたりしている。そういうところを見ると時代が違っただけで自分と似ているところもあるなと思えてくる。

寄せ書きやなでしこ隊というお世話をする女の子たちが作ったマスコットキャラクターなどを見ると今の日本と感性もだいたい同じだと思う。

俺たちはさとり世代とか(もう言わないか)韓国ではN放とか言われて一世代前の普通が当たり前には手に入らなくなったが、戦争中のこの状況に比べたら圧倒的にマシだ。

手に入らないものに対して拗ねずに現実と向き合おうと思ったね。


f:id:purpled:20221229173053j:image

 

平和会館を後にしてラーメンを食べた。普通においしい。


f:id:purpled:20221229173136j:image

 

帰り道の展望台から桜島を見た、意外と平べったいんだな

phaって25歳の時何してたんだろう 年間違えたver

phaさんは2003年が24歳で2004年が25歳でした。

間違えて最初2003年を掘ってました。

せっかくなので公開

 

↓気になったやつをちょこちょこ取り上げて貼り付けていく。

 

pha.hateblo.jp

phaは年末が誕生日なので一年を追いやすくて助かる。

phaの著書で山田風太郎の人生臨終図鑑で同い年の時亡くなった有名人が何してたか見るのが好きといっていた。25だと橋本左内とかか?確か上司を庇わなかったことが理由で死刑を免れなくなって死んだ人だったと思う。うつの時は死に対して苦しみからの解放という意味でポジティブに考えていて「早く死なないかな~」と思っていたので割と分かる気もするが、今はそんなでもないので、わからない。

 

pha.hateblo.jp

電子社長室という今で言う雑談discordみたいなのを作っておいてたのかな?楽しそう

 

pha.hateblo.jp

かっこいいおっさんってすごく能力高くないと無理だから、多少だめなところがあっても魅力あってキュートなおっさんになりたい。でもキュートなおっさんもあれはあれで愛嬌あって人に不快に思われないとか結構難しい気がする。今のphaはキュートなんじゃないかな。知らんけど。俺は後20年経っても厳しいと思う。キュート道険し。

 

pha.hateblo.jp

俺も今年全く同じことしていて笑った。彼女との同棲費用のためにコツコツやってたけど別れたからただ貯金したおっさんになったけど。

 

pha.hateblo.jp

夢日記つけていたんだな。俺は現実との区別ができなくなって怖くてやめたよ。

 

pha.hateblo.jp

俺も今ほとんど在宅で話さないからこのつらさは分かる。俺はdiscordでもいいから人と話したい。

 

pha.hateblo.jp

phaさん短歌すきよな。影響受けて穂村弘とか読んでみたけどいまいち良さが分からなかった。言葉遊びっぽいのは面白いと思った、でもあまりにも無関係なものが突然出てくると面白いというより突飛で意味不明だと思った。あまり短歌向いてないのかも。

 

pha.hateblo.jp

pha.hateblo.jp

これも分かるなあ。俺の仕事も割とぬるくてなんなら結構サボれるけど、最近はだるいなあと思ってる。最近だとFIREなんてものが流行っているけど、40代の自由のために犠牲になる20代だって人生の一部だからあんまり働き過ぎるのもどうかと思ってる。

 

pha.hateblo.jp

ちょくちょく楽器の話題がある。俺もレゲエとか始めようかな。Sleng Tengのriddimで人生の閉塞感を歌いたい。

 

pha.hateblo.jp

2003年だとphaはまだ24歳なのか......うわーだるいことに気づいてしまった。このまま2003年掘り続けるか2004に切り替えるかどうしよう......。phaは自分は25だ!と思って生きていることが大事だと思うのでだるいけど2004を今から掘り直そう。この文章はおまけかなんかとして保存しておこう

 

 

 

 

 

 

phaって25歳の時何してたんだろう

俺はブロガーのphaが好きだ。好きというよりうらやましい。

phaというのは京大を出て毎日だるいとかつらいとかいいながら、あまり働かずにブログや本を書いてシェアハウスとかで仲間たちと毎日楽しい暮らしをしているっぽいおじさんだ。(今はシェアハウスやってないらしい)あと熊野寮のOBらしい。(450は吉田寮)

どういうところがうらやましいかというと

・働かずに毎日楽しそう

・仲のいい友達が多そう

・インターネットで有名

・文章が読みやすい

とかいろいろある。

でも俺もphaの生活の全てを知っているわけじゃないしインターネットには見せない苦労とかつらさとか有るだろうから、俺が勝手に自分の中に作り上げたpha像は実態とかけ離れているかもしれない。

phaには2回現実で会ったことがあって

1回目は20ぐらいの時phaの本をkindleで買った直後、たまたま食堂に行ったらイベントが終わった後で、なんか見たことあるおじさんいるなと思ったらめっちゃphaに似てたから、「もしかしたら、phaさんですか?」と聞いたら「そうです」と言われとても驚いた。いろいろ話をした後に俺の当時のtwitter、line、俺が当時やってたVtuberフォローしてくれてめっちゃうれしかった記憶がある。ただtwitterもlineもうつ病のときに消しちゃってVtuberもやめちゃったから今は何のつながりもない。

2回目は去年の京都の文学フリーマーケットで普通に客として本を買いに行ったときに会った。「これから東京で就職して人生つまらなくなりそうなんですけど、phaさんみたいになんかずっと楽しそうな感じで生きて行くにはどうしたらいいですか?」と、かなりぼんやりとした質問をしたら「人が集まるところに行こう。でも、吉田寮は特殊すぎたね。あんまりそういうところはないかも」と言われた。未だに吉田寮に代わるところは見つけられてない。

そんな憧れのphaさんだが、俺ぐらいの年の時に何を考え何をやってたか知りたくなって彼の25歳くらいの時の日記を全部読んでみることにした。

 

↓気になったやつをちょこちょこ取り上げて貼り付けていく。

 

pha.hateblo.jp

俺も寂しいよ。でもそれは俺の場合単純に日常的には人に会わないからだと思う。あと、人生物足りなさも結構感じていて、それは後半部分が関係あると思う。

 

pha.hateblo.jp

平安湯やっす、今470円とかだったと思う。

 

pha.hateblo.jp

こういう鼓舞がでてくるのあんまり今のphaっぽくなくていいな。なんか勝手に仙人っぽいなと思ってたけど、どんな人にも25歳の時があるんだな。

 

pha.hateblo.jp

面白い。神様という抽象的で広い話を一度自分の体験の話に落とし込んでそこからもう一度祭りと神様の関係性から神様(人より一段高いもの)について考えていて文章がわかりやすい。俺もこういう風な文章が書きたいものだ。

 

pha.hateblo.jp

いろんな人にインターネットで今まで会っててうらやましいが。でも、phaは普段からインターネットで人に声かけて会いまくるみたいなことやってたしな。そういう努力の結果が出ているんだよな。

 

pha.hateblo.jp

結構音楽とか楽器の話題が多い。演奏もしているみたいだ。俺もレゲエとか始めちゃおうかな。人生の閉塞感をsleng tengのriddimに併せて歌いたい。

 

pha.hateblo.jp

シェアハウスいいな~。さみしさや閉塞感を打ち破るために有効かもしれない。

 

pha.hateblo.jp

さみしい気持ちが分かりすぎる。やっぱり寮とかから離れると人間の不在が当たり前なことに耐えられない。

 

pha.hateblo.jp

俺は元気?と聞かれたら健康です。と答えている。昔好きだった女の子がそれを笑ってくれたのを覚えている。

 

pha.hateblo.jp

ネトゲの話とあんま関係ないけど、寮ってほんとにコミュ障にちょうどいいよね。周りも割とそんな感じだし麻雀でもスマブラでもある程度遊べれば人と交流できるようになるから、そっから徐々にうまくなっていく。19の時の自分はぞっとするくらいひどかった(今も失敗しがち)だけど、かなり治療されたからね。

 

pha.hateblo.jp

たかっ!

 

pha.hateblo.jp

民族楽器楽しそうだな。俺も民族舞踊を再開したい気持ちが少しだけあるのだが、あんまりよくない感じのやめ方していて戻りにくいのと、踊りが下手なので恥ずかしいためやれない。学生時代思いっきりやっておくんだったと後悔。

 

pha.hateblo.jp

普通に今でも見たいが見れなくなっている

 

phaって結構頻繁に日記書いてるな。友人が俺に2日に1回はブログ書いてほしいと言ってくるんだが、そうしようかな。


pha.hateblo.jp

phaも25で新卒だったのか?だとしたらうれしいな。新人研修は俺も虚無すぎて話しの内容は聞かずに韻を踏んでるか?5,7,5になってるか?だけをチェックしていた。

 

pha.hateblo.jp

さびしさをストレートに表現するの怖くないか?だって気持ち悪いと思われるじゃん。かっこつけて「散歩していたら用水路の魚が俺の陰に驚いて逃げた」とか意味が分からないくらい遠回りして表現してしまいそうになる。pha結構さびしいという言葉を使っていてさびしんぼうだな。

 

pha.hateblo.jp

目指す方向が定まっているのはいいな。俺はまだわからない。phaみたいな自由人になりたい一方でいわゆる世間の「ふつう」から外れるのに強い恐怖を感じている。そんな自分を情けなく思う。

 

人と交流するためには人と会わなきゃな。来年はイベントに行ったりやったりしたいな。レゲエでも始めようか......。