purpledの日記

なんとか生き延びような

登録者77万人のApexストリーマーが本を出していたので読んでみた 「僕らはまだ旅の途中」 NIRU著 感想

私はここ2年近く、Apex Legendsという3人1組で20チームの中から生き残りをかけて銃で撃ち合うゲームで遊んでいる。このゲームのプレイ動画や配信はyoutubeを中心に高い人気があり、Apex専業で配信と動画制作を行う人もいるほどだ。

今回読んだ「僕らはまだ旅の途中」(NIRU著)は専業でApexのキルクリップ制作と配信をしているNIRUさんが出した本である。

NIRUさんについて少し解説しておくと登録者77万人のyoutuberで、動画の内容は基本的に大量にキルやダメージを出したかっこいいプレイのクリップが中心である。時には高ランク帯やソロカジュアル、弱武器を使った縛りプレイでも高いパフォーマンスを出し、プレイスキルのうまさで人を魅了している。

(ここでapexをやってる人以外はどうでもいい話だが、apexには操作方法に関してキーボード&マウスで操作するキーマウ派とps4などのコントローラで操作するpad派がいる。NIRUさんはpad派である。padにはエイムアシストという相手に銃口を向けると相手の動きに応じて少しだけ後を追うエイムアシストという機能があり、キーマウにはない。このせいpadプレイヤーの実力は見くびられる傾向にある。padプレイヤーはFPSの重要な要素である敵を正確に狙う能力をゲームのシステムに頼っており、たとえ上手であろうとpadを使っている場合はその実力の一部を認められないと考えられがちだが、ことNIRUさんに関してはエイムアシストオフで活躍する動画も上げていたのでpadを使っていることでNIRUさんの実力にケチつけることはできないと思う。)

余談が長くなってしまったが、肝心の本の感想をいうと......正直にいうとあんまり面白くなかった。いや、結構褒めといて面白くないんかい!っと突っ込みたくなるかもしれないけど、自分はゲームに関する話を期待していたのでどちらかというと等身大のNIRUさんの話が多くてそう感じちゃいました。でも、これは私が求めていた内容と違ったというだけであってストリーマNIRUの等身大を読みたいというファンには刺さる内容かもしれないし、NIRUさんってどんな人なのかな?という好奇心は少なからずあったので、その部分に関しては満たされたと思う。

ざっくりとした内容を解説すると、動画制作を兼業しながらの高校/専門/社会人時代、そして専業ストリーマーになるまでの経緯、ストリーマーになってからの生活とこれからの展望に対する考え、家族との関係や旅行を通じての考えたことなどなどNIRUさんの目線から書かれた等身大の内容が描かれている。普段動画の中ではたんたんと上手なプレイをこなしていくスタイルなので動画を見る限りではあまりパーソナリティについては詳らかではないがこの本を通じてその一部が知れることはファンにとっては嬉しいかもしれない。

自分はゲームが上手な人はみんな尊敬していて彼らのゲームに対する戦術や俯瞰的な考えを聞くのは好きだし、彼らがもつ圧倒的な熱量に感化されることもある。今回の本はそういった部分がなかった訳では無いが、結構あっさりしててもう少し深く話してほしかったなと思った。

ただ、等身大のNIRUさんの話の中にはまだ本当にやりたいことを見つけられない不安だったり同年代の自分にとって親しみを感じさせるエピソードも多かったので読む以前よりも身近に感じられた。